そばかすとは何?

そばかすはなぜできる?

鼻や目の周りにできる特上的な小さな斑点のしみのことは、いわゆるそばかすといわれよく知られています。
別名、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれ、顔に限らず腕や背中など、体にもできます。
そばかすができる原因はやはり紫外線による肌の色素沈着です。
通常のシミとは異なり、比較的幼い頃に現れ大人になるにつれて薄くなると言われます。
しかしいつまでも消えないことも珍しくなく、中にはレーザー治療を受ける人も少なくありません。
そばかすには遺伝性の要素も大きく関わるとされます。
白人に比較的よくみられることはよくしられていますが、黄色人種でも肌の色素が薄く敏感肌などだとなりやすい傾向があります。
家族の中にそばかすができやすい人がいる場合は、少し注意が必要です。

そばかすの予防と出来た時の対策

そばかすを予防するには、やはりUVケアが一番です。
子どものうちから、紫外線の強い日は子供用の日焼け止めを使いましょう。
プールや屋外スポーツなどでは2時間ごとに塗り直し、お風呂やシャワーでスキンケアをしっかりしましょう。
また、洗い流すときに強くこするのは禁物です。
摩擦などで刺激を感じると肌の角質層でメラノサイトが活性化し、黒ずみの原因となるメラニンを生成してしまいます。
ゴシゴシ力を加えず、撫でるような感覚でできるだけ優しく洗い流します。
出来てしまったそばかすにたいしては、日ごとのスキンケアにプラスして黒ずみ対策のクリームを使うと効果が期待できます。
もちろん、UV対策と保湿、そして食生活でもビタミンを積極的に摂るなど工夫しましょう。