そばかすの原因は?

そばかすは2種類あって原因も違う

そばかすはできる時期によって種類が分かれます。子供の時にできるそばかすと、大人になった時にできるそばかすには違いがあります。子供の時にできるそばかすは、親から受け継いだ遺伝によるもので、そばかすができやすい肌を受け継いでいることが原因戸言われています。思春期にできはじめて、自然と消えて行きます。思春期を過ぎても消えない場合や大人になってからできるそばかすは紫外線や生活習慣が原因でできるそばかすです。紫外線については日射しの強い夏だけではなく、冬でも室内でも紫外線は当たりますので、紫外線が当たらないようにしないと行けません。生活習慣とは、スキンケアの間違いや偏った食事、過労や睡眠不足、ストレスが原因になります。

それぞれの原因に合った対策でそばかすを防ぐ

紫外線対策は室内でも肌を出し過ぎないようにします。日焼け止めを使用することも忘れずに。外出するときは2時間置きに日焼け止めを塗り直しましょう。紫外線を受けやすいおでこや鼻は重ね塗りをして防いで下さい。日傘を使うことも効果的です。UV効果は3年程度で効果が落ちますので、交換したりUVスプレーで回復させたりして下さい。生活習慣については、クレンジングや洗顔はゴシゴシ洗わないことが重要です。クレンジングは適量を守って優しく洗い流しましょう。洗顔は泡で汚れを落とします。皮脂を落とし過ぎるとよくないので、洗顔後はしっかり保湿すると共に美白美容液でケアしましょう。食事はビタミンを意識して採るようにします。規則正しい生活が1番の対策です、適度に運動て質のよい睡眠が取れるようにしましょう。